借金を減らして支払う

貯金が無いという現実に直面した時、頭が真っ白になり過呼吸気味になった。落ち着け、と自問自答する。
 
嘘のような話ですが、本当です。今まではキャッシュカードでお金が引き出せた。でも引き出せないんです。いざ手元に現金が用意できないなんて・・・困ります。と、悩んでも仕方ないので今出来ることを考えます。つまり借金を減らしてお金を手元に残す方法を考えます。
 

カードの引き落とし金額を減らす

一番大きな要素を占めるのはクレジットカードの支払いです。公共料金の支払いやほとんどの支払をクレジットカードで支払っていますので、この支払金額を減らせば現金を浮かすことができます。主な方法としては、

  1. 分割払い
  2. リボ払い
  3. キャッシング
  4. カードローン
  5. 一般ローン

が候補としてあります。
 
既に320万円の借金があると、数十万円借りるにしても一般ローンで金利10%以下の商品だと銀行だと貸してくれません。となると、1~4のどれかになりますが、金利はいずれも10%越えていますが、その中でも一番安いのは、1、分割払いする、です。分割回数にもよりますが、2~4の15%位の金利よりは安いです。
 
分割払いへの変更方法は、支払金額が確定した後に一定期間内にWebより変更できます。でも、この方法だと一時的にはしのげても、いずれは破綻しますので、対策を考える必要があります。
 

DC Card の金利と返済期間(参考)

  1. 分割払い:金利:12.3%(3回払い)、13.5%(5回)、13.8%(6回)等
  2. リボ払い:金利14.95% 返済期間:返済金額による。但し、長期間の場合は利息ばかり払い、元金が予想外に減っていない事態になるので要注意。オススメできない
  3. キャッシング:金利14.95%~17.95% 返済期間:23日~59日/1回
  4. カードローン:金利15.00%~18.00% 返済期間:場合による

 
※上記は2016年12月現在です。
 

新たな借金は避けるべき

借金を返済するために、新たに借金をするのは避けるべきです。その時は一時的に凌げるのですがいずれは同じことになります。自転車操業は間違えなく何れ破綻するので今が厳しくても避ける決断をしました。今回は幸か不幸か金利が低いローンの再融資がNGになったため、真剣に回避方法を考えることが出来ています。
 
過去に融資実績のない違う銀行にも申し込んでも結果はNGでした。当然ですが調べると借入金額が分かりますからね。ただ、以前に同時期に違う銀行に申し込んだことがあったのですが、片方の銀行はOK、片方の銀行はNGになったことがありました。担保会社が違うのでそれぞれの審査基準が違うこともあるのですが、借りなくても調査をした場合に「参照した」とデーターベースに記録が残るそうで、この人は同時に何社からもローンを組もうとしている・・・と見られる場合もあるとの事でした。
 

住宅ローンの支払いを一時的に減額する

一番大きなウェイトを占める住宅ローン12万円/月を減らすことを考える。私の場合は来年高校3年生になる娘がおり、授業日や塾費用が2018年4月以降は必要なくなりますので、最低それまでの期間でもOKです。住宅ローンを減額する方法としては借換えです、今は金利が安いですからね・・・。
 
しかし、現在の住宅ローンは3年前に借り換えており、十分安い金利になります。銀行で見積ってもらいましたが、手数料を入れると今とほとんど変わりませんでした。
 
次の案は月々の返済を減らすこと。主な方法としては、

  1. 月々の支払額を減らし、返済期間を長くする
  2. ボーナス払いの金額を多くし、月々の支払額を減らす。返済期間は変わらない
  3. 一時的に月々の返済を利息分だけにする。返済期間は変わらないが、月々の返済金額は増える

が候補としてあります。
 
1、の案は借換えになってしまうため、再審査が必要になります。私の状況では多少月々の返済金額が減ったところで厳しいですし、再審査に通過するかも分かりませんので、この方法はパスです。2、の案は、元々ボーナスがあるかないか分からない会社ですので、ボーナス併用払いにしていないので、こちらもパスです。結論として3、案で進めています。
 
この場合、2018年3月までの支払は利息の2万円だけとなり、月々の支払が▲10万円緩和されます。但し、それ以降の月々の支払は銀行にシミュレーションしてもらった結果、13万円と+1万円になります。支払期間は変わりありません。こんな方法があることは知りませんでした。正直に担当者に近々住宅ローンの支払いが出来なくなりそう・・・と相談したところ、この案を提示してくれました。自分では知らなかった方法ですので「助かった」と思います。やはり、事前に相談するのがベストです。銀行も支払が滞ることは避けたいので相談に乗ってくれます。あと、言われたことはサラリーマンのこの様な相談は珍しくない、と。リーマンショック以降は増えているようです。
 
只今、手続きに必要な書類を保証会社に提出中です。返済金額の一時的な減額ですので通るとは思います、との担当者のコメントですが、ちょっと心配・・・
 

アコムの30日間金利0円を利用する

アコム
 
初めての人限定ですが、アコムやレイクの30日間金利0円キャンペーンを利用する方法もあります。ボーナスが入れば支払いできるのに・・・なんて場合は利用するのもありです。但し、それ以降は通常金利の15%か18%になるので注意が必要です。最短で30分で審査の回答がきますので、非常用に備えてカードを用意するのもありです。私はカードは作っていますが、まだ使ったことはありません・・・。
 

楽天銀行のカードローンの金利には注意が必要

楽天銀行カードローン
 
クレジットカードで人気の楽天カードを持っている人は多いと思いますが、楽天銀行カードローンを目にする機会が多くなると思います。私のように金銭に困っていると色々と調べ始めたのですが、まずは上記広告に目が留まり「おお、金利1.9%か、安い」と勝手に思い込み、いざ借りようとして落とし穴に気づきました。
 
私が借りたい金額は、100万円未満なので金利は最高の14.5%でした。1.9%は最高の800万円を借りた場合だった。世の中そんなにうまくは行きません・・・今回は楽天銀行の例でしたが、どの銀行でも同じような金利です、広告に惑わされないようにしましょう。私だけかな?